opening movie translation

Opening:Story so far ―― 今までのあらすじ


マーカーを巡る人類の歴史
It all started 300 years ago with the discovery of the Black Marker,
an alien artifact found under the old Gulf of Mexico on Earth.
It seemed to hold the promise of limitless energy,
until it produced dementia, insanity, and a twisted life after death, known as "Necromorphs".

The details of the original Black Marker disaster were buried in cover-ups and conspiracies,
but not before an entire religion could be launched in the name of one of its researches,
Michael Altman. His questionable death turned him into a Martyr, and Unitology was born.
To this day, it thrives, a secretive organization that believes the Markers are divine,
and their plan for us a glorious unity of mind, body and spirit.

Generations after the Black Marker disaster,
Mankind found himself going extinct from lack of resources.
Desperate, he sought to replicate the Black Marker in an attempt to harness its
limitless energies for himself.The records of this era are unclear,
but we now know the replication was successful, and the cost too high.
The Marker copies were all buried, hidden in secret places across the universe,
where, to all our benefit, they might have stayed.

But 200 years later, during an illegal mining operation on Aegis VII,
the planet-cracker USG Ishimura unearthed one of the forgotten copies,
a "Red Marker, and with it, the start of a new wave of Marker infections.

A key survivor of that incident was an engineer named Isaac Clarke.
That Marker spoke to him and left him with a gift: a mental brueprint of the Marker itself.

Isaac was captured and tortured by EarthGov, his mind harvested for the Marker's secrets.
The Marker program was thus restarted and a new one built on the populous Titan Sprawl.
But disaster quickly followed, He managed to escape, but just barely.
There was nothing left but dust, just like Aegis VII.

Since that time, the Marker crisis has only deepened.
And Isaac Clarke, his Marker-touched mind still burning with the ability to build or destroy them,
stays in hiding,determined to retreat from the Markers and all they have wrought.

But there is hope. A backwater iceball of a planet, where two hundred years ago someone,
somehow stopped a marker uprising in its tracks, A clue from the past that may save our future.


事の始まりは今から約300年前に遡る。
ブラックマーカーと呼ばれる遺物――エイリアンの遺物と推定されるその物体は、惑星地球のメキシコ湾で発見された。
無尽蔵のエネルギーを生み出す奇跡の物体は、
ある者には心惑わす幻を見せ、ある者には心狂わす狂気を芽生えさせ、そして生ける屍ネクロモーフを生み出した。

ブラックマーカーが引き起こしたこれらの災厄は隠蔽され周知される事はなかった。
マイケル・アルトマンの研究がきっかけで生み出されたある組織を除いては…
彼は調査の末に非業の死を遂げたが、後に宗教団体ユニトロジーの開祖、そして大いなる殉教者と称えられた。
事実は歪められ、今日においてもマーカーは聖なる神の遺物として語り継がれている。
精神と肉体の安息、あらゆる者に救いをもたらす鍵として…

ブラックマーカー事件の後、深刻な資源不足により人類は滅亡の危機にまで晒された。
窮地に陥った人類は、ブラックマーカーの複製を作ろうと試みるが…結果としてもたらされたのは救いなどではなかった。
マーカーの複製を生成しエネルギーを生み出す事には成功した…
だがしかし、それと同時に過去の惨劇が再び繰り返されてしまったのだ。
人類はその物体を禁忌として宇宙の果てに葬った。人類の手の届かない、遥か彼方宇宙の深遠へと…
こうしてマーカーのもたらした危機は去った…そう、その筈だった…

それから200年の後、イージス7にて極秘裏に惑星採掘が行われた。
USGイシムラが偶然にも打ち棄てられたマーカーの複製――レッドマーカーを発見してしまったのだ。
レッドマーカーは活動を再開、無情にも過去の惨劇が再び繰り返された。

その惨劇における生存者はアイザック・クラークというエンジニアただ一人。
彼はマーカーと接触し、ある情報を頭の奥深くに植え付けられてしまった。

その後アイザックは地球政府によって捕らえられ、拷問を受ける。
彼の脳内にはマーカーの設計に関する重大な秘密が隠されていたからだ。
地球政府はマーカーの製法を確立させ、タイタンステーションにそれを建造。当然ながら惨劇は繰り返された…
アイザックは戦いの末、命からがら脱出に成功。タイタンステーションはイージス7同様、宇宙の塵となった…

その後も各地にマーカーは建造され続け、徐々にその毒牙を広げていった。
マーカーを創り、そして破壊できる能力を持つ唯一の人間――アイザック・クラークは、迫り来る惨劇に心を悩ませながらも、
人目を忍んでただ一人落ちぶれた生活を送っていた。とうに彼一人で背負い切れる問題では無くなっていたのだ…

だが希望がなくなった訳ではない…
200年前に人類がマーカーを葬った時の方法を見つけさえすれば、世界を救えるのかもしれない。
その鍵は雪と氷に覆われた豪雪吹き荒れる惑星にあるという。
果たしてアイザック達は、人類の滅亡を喰い止める術を見つける事は出来るのであろうか…

  • 最終更新:2013-02-03 21:45:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード